Archive for 2月, 2010

二二八(アーアーパーチー)は巡り来る

本日は台湾の二二八事件の日であると同時に、ミーの脳内嫁椰子なごみさんの誕生日なのです。今年はなごみんのためにスーパーニッカを開けるぜイエー。

と、昨年および昨々年同日の日記のコピーのように見えて実は酒の価格的ランクがさらに下がっているのには他意はない。東直巳の「ススキノ便利屋」シリーズの文庫新刊、「探偵、暁に走る」が出たのを機にセンセの著作の再読を続けているプチ祭の最中で、主人公である便利屋はウィスキーというとスーパーニッカを愛飲しているからなのだ。
別に、午前中に雨が降っていてボウモアだのタンカレーだの竹鶴だのを買いに出かけるのが億劫だったからたまたま手元にあったスーパーニッカを開封したという、そのような後ろ向きな事情ではない。
それにしても、やはり東センセはYOSAKOIソーランと称する珍舞大会が大嫌いだったのだなぁ。

という訳で、お日柄もよいので新作なごみアイテムのご紹介。

DSC_0198.JPG

わが友人にしてイベント限定ベトナム料理暴力屋台の店主であるトヨさんが沖縄に行った際にお願いして、とある刺繍店に代理発注してもらったバゲージテープであります。

そもそもバゲージテープとはなんぞや。
沖縄には在日米軍の皆さんが沢山おられますな。この皆さんは軍人ですから身の回り品は大抵が政府支給品で、移動のときの大型バッグなども皆おんなじ物を使うから大変まぎらわしい。
そこで、沖縄現地の創意あふれる刺繍パッチ屋さんが得意の腕を生かした新製品として売り出したのがこのバゲージテープです。
各人それぞれのセンスに応じて刺繍をオーダーしたこのテープを、スナップボタン固定のループでバッグにつけておけば、戦友が微笑みデブやフォレスト・ガンプ並のトっぽい兄ちゃんであっても取り違えて持っていくことはないという、まことに優れたアイデア商品なのであります。

本人の名前と明らかに違う人名入りのタグだと、万一のバゲージトラブルが起きた場合に事態がややこしくなりかねないので、ちょっと考えて「なごみ」+椰子の木のワンポイントにしました。
もう一本の方は海軍にちなんだものにしたいなと思い、倭寇の旗印にしました。重巡インディアナポリスを撃沈した伊号潜水艦の艦長も出入港時には「南無八幡大菩薩」の旗幟を掲げていたという、たいへん心ふるわせるエピソードもありますな。
ダサいセンスに見た者が腹筋をふるわすわい、という気もしないでもないですが。

No Comments

今年はリンコがいる

DSC_0196.jpg

冬コミで買った「嫌暦」も早くも2枚目。
左隣はRail Magazine誌の付録、広田尚敬氏撮影による蒸気列車カレンダー。この付録欲しさに年一回だけRail Magazineを買っていたりする。

No Comments