Archive for 11月, 2008

石田徹也-僕たちの自画像-展

練馬区美術館の企画展「石田徹也-僕たちの自画像-展」に行く。

鋭敏な感性で自己と社会を描き出し、将来を嘱望されながら惜しくも31歳で死去した画家・石田徹也(いしだてつや) (1973~2005)の作品は、見るものすべてに衝撃を与えます。多くの作品に登場するうつろな目をした人物は、彼の分身であるとともに、現代に生きる 若者たちの自画像でもあります。また、それは現代社会の中で生きる私たちが日頃は心の奥底に押し隠してしまっている精神のドラマを表現したものとして、世 代を超えた共感を呼んでいます。あるときは哀しく、あるときは悲痛であり、また、滑稽な現代人の姿を、石田徹也は精密に観察しながら丹念に描き出しまし た。

全く無表情で死んだ魚の目をした人物像ばっかりでたいへん嫌な気分になるが、同時にいつまでも社畜をしていちゃいかんよなぁという反省をも感じた。小品を飾って日々眺め、『こうはなるまいゾ頑張ろう』というスターターにすると良いかもしれない。

No Comments

椅子

AMAZONでOAチェア注文。サンワサプライ。14,800エン

No Comments

メレルTHERMO 6

忘備録。
THERMO 6 100ドル、送料30ドル
ORIVISにて購入、2008年11月20日発注

日本の正規代理店では扱っていない、完全防水のウィンターシューズ(より正確には、この6インチハイトのタイプは正規代理店では扱っていない)。
他社の冬靴もいろいろ検討したが、結局メレルにする。

No Comments

NATOベルト

腕時計のバッテリー交換と合わせてベルトを変えた。

PB160422.jpg

時計本体はセイコーの7T27-7A20 、MODミルスペックのRAF向け軍用クロノグラフ。NATOベルトを2回ほど交換するだけの年月の間使用しており、クォーツの時計はもうこれだけで十分と思うくらいに満足している。
今回、NATOベルトの色は情報部のストライプカラー、俗に言う「ジェームズ・ボンド モデル」にしてみた。
原作の「007 ゴールドフィンガー (ハヤカワ・ミステリ文庫)」ではなく、映画の方の007/ゴールドフィンガーでロレックスにこのタイプのNATOベルトをつけていた事からJAMES BOND Modelとして広まったものである。

軍納入同等品のNATOベルトの国内相場は現在4,000~4,500エンというところだが、円高差益を享受するためにebayで購入。封筒に入るので送料も高くはならない。形をコピーしただけの安価なベルトもあるが、化繊がゴロゴロして不快な代物が多いので間違いのないところを選んだ。

ところで、映画版では海軍中佐の駐在武官というカバーストーリーでよその国に赴いている筈の007が、情報部のレジメントカラー丸出しのNATOベルトを着けているのはわざとなんだろうか。

No Comments

ユニクロでヒートテック長袖シャツ、無印良品で綿タートルネックシャツを買う。

No Comments