Archive for 10月, 2008

あとX年は戦える

有給取って一日中某大学病院へ。先日の遺伝子検査の結果とか心電図とかその他。
結果としてはオールクリア。

とりあえず、JR東海の東京-名古屋間リニアモーターカーの開通を見届けるまでは生きる方向で。いや、軌道エレベータの実現までは老いさばらえてヨイヨイになろうとも。

No Comments

歯は大切であるということ

この初夏の話。歯石を取るため歯医者に行こうと思い立った時、かかる歯科医を新しく開拓しようと思った。
それまでに世話になっていた歯科医に不満は特にないが、最新のモダーンな歯科医療テクニックはどのようなものか知ってみたかったのである。

そのような訳で、ネットで評判のいい近所の名医を探して行ってみた。
「ウチでは歯石だけであってもいきなり取りにかかることはしない。」とまず言われ、その時はノーアポだったので予約を取り直して再訪した。
レントゲンを撮られ、徹底した予備検査を受けた。そして、「私の歯の健康手帳」と題するプリントアウトのレポートを渡された。
奥歯に初期の歯周炎とごく軽微な虫歯があるのでこれらを治療する。そして右下の親不知が不正規的な生え方をしつつあるからできれば抜いた方がよろしい。判断はおまかせします。
あまりの丁寧な仕事に驚いた。前にかかっていた歯科医は、レポートどころか予備検査も満足にせずに虫歯を見逃すヤブであったのか。おのれ。

そうして何度か通院し、8月の末には歯石取りも含む一連の治療が終了した。歯磨きの技術指導も受け、その効果を見るために1ヶ月後にまた来るようにと言われた。
その日が今日である。
やはりブラシの届きにくい部分があるのでそこに気をつけるように、との事で、他はおおむね良好。
困るのは右下の親不知の件で、最近になっていよいよ歯肉の中から姿を現わし出してきた。大変な事になる前に抜くべきか否か。

No Comments

8月の事

家にヒキコモって当ブログの8月分の記事をいまさら書く。我ながら怠惰だ。しかも終わらない。

10月から部内で配置転換。ホームページの管理から離れたと思いきや、次世代サイトの製作管理PJに本腰を入れねばならぬ模様。リナックスで環境組むんですか、俺が。一人で。えー。
同時に男性同僚の一人が部を去り、独身男性は俺一人になってハーレム状態に一歩近づいた。

No Comments

国立科学博物館の複座ゼロ

有給休暇。岐阜の国から上京したたちばなさんが国立科学博物館に行きたいとの事で同行する。

快晴の天気の下、 いきなり「もやしもん」のかもすぞーな特別展告知カレンダーに対面。脱力から立ち直った後に科博を見て廻る。特別展ならたびたび見に行っているが、通常展示をじっくり見たのは改装以後では初めてではないだろうか。特別展抜きでも全館制覇には開館直後から午後遅くまでのほぼ丸一日かかった。科博おそるべし。

我々二人的にはラバウル帰りの複座零戦が主目的だが、展示解説を見ているとYS-11の初号機は科博の収蔵品になっているとの事。初耳だ。一体どこに保管しているのだろうか。
映像資料の「日米共同開発機」を見てみる。当然FSXあるいはF-2が出てくるだろうと期待したのに影も形も登場しない。ケシカラン事ですよ!と二人してプリプリする。端からみると異様なアベックに見えたことであろう。

秋葉原での買い物にちょっと付き合って、東京駅で見送った。

No Comments