Archive for 5月, 2008

泰平の眠りを覚ました男たち

渋谷で髪を切り、表参道をしばらく歩いて地下鉄千代田線に乗る。同潤会アパートの一部が保存されていた。D-51の先頭部分をカットして保存しているような按配。

大江戸線に乗継いで両国の江戸東京博物館へ。ペリー&ハリスの特別展を観るのだ。特に、勝手な想像で好き放題描かれた、瓦版でのペルリ提督像を見るのだ。
と、その前に上野アメ横の薮で蕎麦をたぐる。
・・・値上がりしてますよ。モリが750エン(記憶によれば)とは何事であるか。
新メニューらしき辛味大根蕎麦を注文。薬味としておろし大根がついている程度と思っていたら、案に相違して大層な量のおろし大根が小丼に入ってきた。しかもソバツユは通常のモリと同量で、オールドスタイルの辛口少量であるからカキ氷よろしく大根おろしに吸い込まれてしまって全然足りない。
値上がりと相まって、どうも嫌な感じに色気を出しやがったなと思いつつ退店。俺もここでは変な色気を出さずに、モリだけ注文することにしよう。

さて江戸東京博物館に行ってみると、「アメリカ海軍兵学校博物館」、つまりアナポリスが所蔵元の展示品がやたら多い。ペリーはU.S.NAVYのアドミラルだから当然のことであるが、 改めて肖像画を見ると制服がネイビーブルーなんですな。海軍万歳。
ボート砲の再現品と操作マニュアルの展示が目を引く。いわば小発の艦首に据えられた単砲身砲で、必要な時は小発後部に搭載している二輪+尾輪の砲架に乗せて陸戦でも使えるというマルチパーパス砲である。いかにも海兵隊・陸戦隊の匂いがする逸品で、嬉々として鑑賞。

遣米使節の一員として渡米し、帰国後は渡米談の講釈をして廻ったという加藤素毛のコーナーに興味を持った。講談社学術文庫あたりで 加藤素毛の著述を手ごろな本にしてくれんものかのう。

No Comments

季節外れの台風と銀ちゃんのこと

朝から暴風雨。季節外れの台風。
しかし昼からは好天。

新聞の訃報欄で今日泊亜蘭の名に接する。「光の塔」は面白かったなぁ。

本日の「つよきす2学期」ワンポイント(最終回):銀ちゃん(=橘瀬麗武)ルート終了。椰子なごみ一神教の信仰を銀ちゃんにおびやかされつつ、これで全キャラクリア。
・・・シナリオライターを吊るしてやりたい。フルサイズ3時間の映画を1.5時間にカットしたものを見せられた気分だ。せめて今作から登場した銀ちゃんのシナリオだけは、と期待したのに。
最低限でも、「地獄蝶々」と銀ちゃんのドッグタグの謂れ因縁くらいはキッチリとオトシマエつけんかい。

No Comments

「日本鉄道旅行地図帳」

たまたま入った地元の書店で 「日本鉄道旅行地図帳」の第一号、北海道編を買う。版元は新潮社で680エン。B5版中折りのコンパクトな地図で、旅行の際にも邪魔になるまい。

この地図は鉄ちゃんと鉄子様に特化した内容で、現状地図と廃線もすべて網羅した過去地図の両方がある。この現状地図がすごい。
各地の鉄道記念館の類、25パーミル以上の急勾配区間、信号所、車両基地がもれなく記載されているのだ。
過去地図とあわせて資料的価値が高い。我と思わん鉄オタは今後の続巻もあわせて入手すべしであるか。

本日の「つよきす2学期」ワンポイント:素奈緒ルート終了。これじゃ「みにきす」やってない一見さんにはサーッパリわかんないって。

No Comments

高山不動と関八州見晴台

西武池袋・秩父線で西吾野へ。高山不動へ登るのだ。唐突だが自分的には以前からの懸案であり、今年のゴールデンウィークに行く予定だったのが天候が思わしくなかったので延期していたのだ。

IMGP3742.jpg

冬の間に鈍りきった身体にはきつい。次のリエナクトまでに鍛えんと。

IMGP3759.jpg

IMGP3770.jpg

ガイドマップ記載の推奨コースではないバリエーションルートで、杉林の中の渓流を渡るタヌキに遭遇。そりゃ猟友会も張り切って射線おかまいなしになるわ。

今回判ったのは、俺は単なる山登りは実はそれほど好きでもなく、コース上に産業遺産や歴史的建造物や廃墟や古戦場がないとモチベーションが激減するらしい。現在の高山不動にはかつての賑わいの模様を今に残す現物はほとんど残っていないため、その意味では落第だった。
次回はユガテ辺りを考えていたんだが、秩父札所ご開帳巡りに切り替えようか。

No Comments

横浜中華街と氷川丸

雨天の中、横浜へ。前職の時にお世話になった人と会う。定年退職した女性だが、随分と若々しい。中華街の順海閣本館で昼食、のつもりが長々と15時ごろまで話し込む。

その後 、氷川丸へ。この4月に日本郵船の管理下に入ってリニューアルされたそうで、船舶文化財として内装が往時の状態に復元されている。外装も錆び落としの上再塗装されており、関心のある人は色あせぬうちに訪れた方がよいだろう。

各船室やラウンジ・サロンは明治村を思わせる再現度で、ここは是非とも軍服人間サイトーさんによる狼藉撮影会を期待したいところである(笑)。基本的には1930年代の再現を目指したようで、戦後の船内状況とはまた違う のではないかと思う。病院船時代や引揚船時代もあわせて、各時代を再現した区画があっても良いのではないだろうか。
一等船室と三等船室との間の格差に愕然としたり、機関室のディーゼルエンジンと補機類の巨大さに驚愕したりして大いに堪能。ディーゼルタービンエンジンではない、船舶用の大型ディーゼルピストンエンジンを間近に見たのはこれが始めてだったかな。全長何メートルもあるこの巨大なピストンシャフトがアリューシャン列島の暴風圏の猛烈なローリングの下で規則的なビートを刻み続けていたのだと想像し、そして機関部員の艱難辛苦を想い、正直感動を感じ得なかった。
そう、それはJobではなくDutyだったのだろう。俺にはDutyの意識が足りなすぎる。反省。

帰路は水上バスで横浜駅に戻る。普段ならこういう場合は後部の露天甲板で潮気を浴びるのだが、雨が降っているのでおとなしく船内に着座する。平底船の喫水線に近い位置で、こりゃLST改造河川砲艦のクルーに近い目線だなと気づく。経験値が上がった。何の経験値だ。

本日の「つよきす2学期」ワンポイント:乙女おねいさんルート終了。・・・・・・まだだ、まだ素奈緒と瀬麗武が残っている・・・。彼女らのシナリオに希望を・・・・・・。

No Comments

友あり遠方より

九州在住の漫研の後輩が帝都来襲との報に接し、まなじりを決して池袋の飲み会へ。今日は秩父山系の高山不動に登る予定だったのだが、朝起きてみると小雨模様だったのでそちらは中止。

なんだかんだと総勢12名で楽しく過ごした。

No Comments

買い物

新宿のアウトドアショップでパンツを買う。下着の方ではなくいわゆるカーゴパンツ。旅行先で延々歩く用。

軍放出品のカーゴパンツなら何本も持っているのだが、その大半が迷彩系のコットン製なのでいろいろ面倒くさいんである。見た目がアレだし重いし乾きにくい。

という訳で、一本買いに行った。まともに買うと諭吉一枚になるが、アウトレット半額でMarmotのパンツを購入。軽いし全体のシルエットがスリムなのでF-104体形の俺に合う。その軽さによる快適さときたら、ジーンズなんか履いて延々歩いていたのは何のパフォーマンスだったのだろうと考えてしまう位だ。

物のついでに無印良品で長袖リネンシャツを買って帰る。これも延々歩く用として準備しておきたかった物だ。

No Comments

ブラックホールとゲリラ

小雨の中、昼に浅草のブラックホールショーへ行き、その後荻窪の東京キャロルでのゲリラフェスタへ。
11時頃に浅草着。会場近くの路上で公僕が職質&所持品検査をやっておりますよ。ブラックホール参加者は高確率で不健全な得物を持っていると踏んでの網ですか。
会場近くの蕎麦屋でモリをたぐる。更級のまあ普通の味、ただしツユはやや辛目。近ごろの凡庸な蕎麦屋には甘目が多いので嬉しくなるが、しかし、蕎麦なら伝法院通りあたりで手打をいただいた方が良かったような気がしないでもない。

ブラックホールではいつものごとく1200エンも入場料を取られる。レコレクショヌールで売っていた南ベトナム海軍の士官制帽に心が動くが、これを買うと南ベトナム海軍物に本気で取り組まねばならんので、我慢我慢。

ゲリラフェスタは小さな会場ながら盛況。ロサ・サージャント金子(違ったかもしれない)と立ち話をして帰宅。

本日の「つよきす2学期」ワンポイント:よっぴールート終了。・・・・・・えーと、なんか超駄作っぽい?いや、残りのキャラに希望を!!

No Comments