Archive for 9月, 2007

なごジャン2型

ファースト商会に依頼していたオーダースカジャンが来たるる。

imgp3396.jpg

前回オーダーしたなごジャンの不満点を改善した「なごジャン2型」(仮称)。今回の基本テーマは、「ゲームそのままの再現ではなく、スカジャンとして良いものを作る」。

imgp3407.jpg

  • スイングトップ型の折り衿。
  • 両袖の龍は正面を向いている。胴体が8の字状。脚がない。周囲の飾り(雲もしくは炎あるいは稲妻)も再現。
  • 肩~袖のライン。絵としての表現に近づけるため、別布でダミーの赤ラインを追加。
  • 胴前面は刺繍なし。
  • 裾ニットと袖ニットの色。赤地に白ライン。
  • ポケット切り返しの色。白。
  • ジッパーは銀色。
  • 中綿なし。
  • 裏地は無地単色のサテン。

という基本仕様はそのままで、今回の改善のポイントはまずなんといっても肩の赤布。前作はゲーム画面の立ち絵にあまりにも忠実に長くなっていたところを、厳密に採寸して肩のラインにあわせてもらった。
次いで、袖の龍のデザイン。前作の時は白猫参謀氏による設定ラフが存在する事を見逃していたが今回はバッチリとファースト商会さんに持参して提示。龍の面構えなども忠実になった反面、オーソドックスなスカジャン的「龍」の姿とは離れてしまったのはご愛敬。
それと、ベース色を白銀からクリームみの銀に変えた。

背面。
imgp3408.jpg

今回もAIR AMERICAネタ。飛行機はやめてオーソドックスな金龍銀龍の上にAAのマークと「FLY THE FRIENDLY SKIES OF SOUTHEAST ASIA」「FIRST IN – LAST OUT」。無理に文字を入れたため、ちょっと苦しいレイアウトになってしまったかな。ここは反省点。だからといって3型は作らない。多分。
特定の機種を入れなかった事で、ダコタとスカイトレインだけに限らず夢がひろがりんぐ。何の夢だ。

袖の新旧比較。左が2型。
imgp3404.jpg

今回の隠しネタ。

imgp3409.jpg

店頭でのオーダー相談時に突如ひらめいて追加。
いつでもどこでもすぐ近くにココナッツがいるぜ!!ヒャッホウ俺様天才!!
あー、でも、これやるんなら裏地は緑ではなくマリンブルーの方が良かったか?その場の思いつきだけでは詰めが甘くなる。反省。
よく見たら水平が出てないな。まあこの辺のユルさが手振り刺繍ハンドメイドの魅力であります。

これをオーダーしたのは8月なので「つよきす2学期」の事は全然要素に入っていない。現在までに発表されている絵を見るかぎり、つよきす2学期ではなごジャンの背面がまったくの空白という問題があるが、そのことはゲーム本編への評価とあわせて保留ということで。

No Comments

「空中雷撃―覇者の戦塵1943」

今日読んだ谷甲州の新刊。
空中雷撃―覇者の戦塵1943

勇ましい題名とは裏腹に、ちっとも戦闘シーンがありません。
何しろ冒頭に登場するのが九四式二号水上偵察機の無人誘導機で、その目的は捕獲したVT信管の実地試験のための標的機なんです。考えなしな仮想戦記なら零戦改造無人特攻機を飛ばしまくるようなところを、えらく地味に淡々と話を進めております。
2年半ぶりの覇者の戦塵シリーズですが、相変わらずの作風です。だがそれがいい。

No Comments

本気で2学期やるのか

オフィシャルサイトでも特設ページが出来とる。
まさかのトバシ記事という訳ではなかったんだなぁ。

さて、Dream Party 東京に赴くべきかどうか。

No Comments

つよきす2学期

エロゲー専門紙「PUSH!」11月号につよきす続編の重大記事が出たとのことで、金曜日の終業後に中野ブロードウェイに立ち寄って購入。
“本年度最大級の「瓢箪から駒」!!”というアオリと共に、威風堂々たる鉄乙女おねいさんと見覚えのある追加キャラが表紙に。メーカーオフイシャルサイトでのエープリルフール企画がそのまんま製品化したんか。それでいいのか。

2008年発売予定の「つよきす2学期」を合計9ページ、フルカラーで紹介。専門コーナーも連載する模様。
シナリオも絵も別人による続編というのはなかなか難しいだろうが、「西洋道中膝栗毛」や「南蛮阿房列車」並の出来になる事を期待しています。
まあその辺は現物をやってみてから判断するとして、この「PUSH!」の記事には開発中の画面が早くも掲載されてますよ。椰子なごみ様の自室背景も載っています。
和風の部屋に掛かっているジャケットは、・・・なごジャン、しかも背面?!
何も刺繍なしの赤一色?!
ちょっと待て、刺繍が両袖だけにしかないなんて、そんなスカジャンがあるかコラ!
それともなにか、赤地に赤糸の陰刺繍で一見赤ベタだがよく見ると刺繍画が浮き出るとか、表は地味だが裏地がすごいんですとか、そんな超マニアックなオーダースカジャンだというのか!そんな業物を一介の女子高校生がドブ板で買うというのか、お父さんの形見だったという裏設定でもあるのかッ!

いや、逆に考えるんだ。背面刺繍ありのなごジャンを着ていてもコスプレ呼ばわりされないですむと考えるんだ。

だがしかし、納得いかねー!!

No Comments

スパムコメント一掃

こんな場末のブログにエロサイトのスパムコメントをつけても益するところは少ないと思うんですが、しばらく見ないうちにスパムコメント山盛りですよ。
まじめな質問の意思をもってなごジャンに質問コメントつけてくれていた人、すいません。今やっと発掘しました。

しかし、レイニー・ヤンと台湾旅行の記事にだけスパムコメントがつくというのも妙な符号で。
大陸の不届き者による、スパム広告を装ったサイバーイヤガラセ攻撃なのか。

No Comments

甲府・昇仙峡

彼岸の日に甲府へ墓参りを予定していたが、その日は中央道が渋滞するだろうとの事で一週間早める。
朝7時に出発したものの、案の定八王子から相模湖あたりまで渋滞。
それでも昼前には甲府に到着、つつがなく墓掃除と祈祷を済ませる。

No Comments