Archive for 9月, 2006

よく洋書を買えるな

「簡単さ!値引きがないのは洋書、値引きがあるのは訓練された洋書だ。ホントamazonは地獄だぜ、フゥァーハハハ!」

ベトナム戦争で戦没したコンバットフォトグラファーの作品集、「Requiem」を注文しちゃいました。おまけにレロイ書店でも他の洋書を2冊。ううう、こんなんばっかしや。

   ◇

DPE屋から連絡あり、先日のコダカラーは古すぎて現像不可とのこと。今となっては珍しいからパトローネだけでも回収しとくか。

No Comments

新時代の木工技術

オリンパス、木材の三次元圧縮成形加工技術を開発(オリンパス ニュースリリース)

今回開発された三次元圧縮成形加工技術により、比重約0.4~0.5のヒノキ材を比重約1.0超(約2.5倍超圧縮)まで変化させる事で、電子機器の外装・筐体に適用可能な薄さと一般に電子機器の外装・筐体に使われるポリカーボネイト樹脂、ABS樹脂を超える十分な硬度を達成しました。

ぜぜぜ、ぜひとも電動ガン用ウッドストックの素材としてスピンオフしてくだせぇ!

  ◇

書店に立ち寄って「航空ファン」と「国鉄時代」を購入。
今月の航空ファンはブルーエンジェルズ60周年記念号。1968年まではF-11タイガーで、翌年からF-4ファントムだったのね。また一つNAM戦海軍知識が増えた。
「国鉄時代」はvol.7、北海道特集。いつもは買っていない雑誌だが、「北のキューロク」なる表紙のアオリ文句に負けた。
遠軽機関区の9600のみならず、宗谷本線のC55、C62重連+旧客の「まりも」、DD51重連+14系客車+青函連絡ユニの「ニセコ」というラインナップに愚息も昇天。

No Comments

よくライカを買えるな

「簡単さ!入札がないのはライカ、入札があるのは訓練されたライカだ。ホントe-bayは地獄だぜ、フゥァーハハハ!」

IMGP1594.JPG

まあ実際には、ネットオークションではなく米国内の中古カメラ屋のサイトで注文したんですが。本質的にはバカな行為という事には変わりありませんか。そうですか。
当機はカナダ製で不人気機種扱いされているM4-2。例によって時代考証と実用性と趣味性のせめぎあいの結果、M4-2に落ち着く。

No Comments

山王ホテルとV-SHOW

IMGP1564.JPG
縁あって、山王ホテルでの三島”軍曹”出版記念ブランチパーティに出席。
正確に言うと場所はNew Sanno U.S.Forces Center、三島氏は退役曹長。米国軍人の縁故がない一般の日本人には入れないホテルである。ゲートチェックをパスして中に入ると、もうそこはアメリカだ。
メインダイニングには米国5組織の旗が飾られている。どれも由緒あるものらしい。
三島氏は同年輩の日本人の基準からしても小柄な人で、ベトナム戦争以来グリンベレーに所属していたというイメージとは遠い。が、やはりこの人の前に立つと自然と背筋が伸びる気分になる。

ホテルサンノーのブランチは正統派アメリカンの上質な物で、多種多様のチーズがどれもキッチリ美味い、と言えばおおよそのレベルが判るだろうか。実は日本のホテルでは、こういうバイキング形式でしっかりしたチーズを出すところは少ないんである。
後で考えたらチーズの美味いのはデパ地下でも買える訳で、ここはチリビーンズなり何なりのリアルアメリカンフードを選ぶべきだったかもしれない。変に通ぶるとつまんない失敗をする。反省。

カリフォルニア産のスパークリングワインとチーズを充填し、さり気なく静かに置かれていたキャビアも見逃さずにいい気分になったところで、タクシーに乗って浜松町へ。午後からVショーで軍装品漁り。
ライカを買った直後なこともあって今回はチャーリーさん所でパッチを5点購入したのみだった。
これらの中ではHA(L)-3のパッチが掘り出し物。これで細部の異なるHA(L)-3ローカルメイド物が4つ集まった。そろそろフライトジャケットに縫い付けたいが、L-2Bに着けると源義経ジンギスカン伝説級のホラ設定になってしまうのがネックか。陸軍からの移籍組が海軍ヘリパイにいた事は確からしいが。

No Comments

銀色のミッキーマウス

e-bayにて落札したコダック・シグネット35が我が家に到着。

IMGP1558.JPG

ファインダーはかなりよろしくない状態だが、まあ多くは求めん。
それよりも、裏蓋を開けたらコダカラーXが入れっぱなしでしたよ。
慌てて閉め直してゴリゴリと巻き戻し。パトローネを取り出して検分するに、20枚撮りの模様。時代物くさいぞ。出品者、貴様、出品時に動作チェックしやがらなかったのか。
よく見たら後玉に妙なシミだか傷だかがついてるじゃないか。太平洋の向こうの見ず知らずの毛唐に呪いあれ。
まあ、すでに興味は別のところに行ってしまっているので、当面シグネット35は放っておいてパトローネを近所のDPE屋に持ち込む。うまくいけば動作チェックになって手間が省けるというものか。太平洋の向こうの見ず知らずの毛唐さん、ありがとう。

ここで新事実が判明。パトローネに記載の現像液指定が、モノクロ用だとカウンターのおねいさんに指摘される。すいません、ちょっぴりふくよかで眼鏡っ子の貴女のことを今まで見くびっておりました。
いずれにしても古いフィルムのようだしこの店舗では難しいので外部ラボに委託する、上がってきたら連絡してもらうという事でパトローネを預けた。何が映っていることやら。不用意に裏蓋を開けてしまったのが惜しい。
しかし、パトローネにははっきりとKodacolor Xと大書してあるのに、現像液が白黒用とは、一体?

No Comments

夕日のガンマン

ありきたりのコンパクトデジカメと最底辺の腕前でも、この程度の夕日が撮れるという記録。特に深い意味はありません。

IMGP1555.JPG

No Comments

ライカM8正式アナウンス

レンズ交換式レンジファインダーデジタルカメラ「ライカM8」を11月下旬に発売(英文)

夏前からチョロチョロとリークされていたが、フォトキナ直前にとうとう公式発表下る。
で、ヨドバシではもう予約を受付けているんだが、なんですかこの予価は。本体だけで税込み約55マン円ですか。そうですか。
俺様が着実にため込みつつあったライカMデジタル購入資金、略してM資金がいまだ遠く及ばない額です。嗚呼。

そういえばカードローンという手もあったなということに気がつかないフリをしつつ、正式に発表されたスペックと画像をつらつらと眺めて55万円を出す価値があるか否かを考えてみた。
結論。かなり厳しい。
エプソンのR1-Dの例を考え合わせると、3年もたったらどうしようもなく陳腐化しているのではないか。CCDユニットと液晶パネルが交換式でアップデート可能、というような革新的メカニズムでも備えていない限りは。
ニコンD2 XSが約50マン位だから、おおむねそのクラスのユーザー層を想定しているのだろうか。なら、いろいろな意味で俺は無理ですな。

No Comments

DS Lite

 IMGP1549.JPG

黒重箱を買いました。某所にて、競合者の姿も見ずにサクッとゲット。
Wi-Fiキットを撮り忘れた。

大戦略と信長野望と大航海時代も撮り忘れたろ、って?
大航海時代Onlineのメジャーアップデート直後だからあえて買わなかったのだ。

No Comments