Archive for 4月, 2006

ベトベト戦

39580014.JPG

Hana-Gちん、トヨムラ夫妻とベトナム戦サバゲーイベント「ベトベトしま戦か?」に参加。
0400時に起床して合流。死ぬる。
前日までの天気予報では降水確率が高かったので気を揉んでいたが、当日の降雨はほんのちょっとで済んだ。
今回はチーム獺にあわせて第一歩兵師団のファティーグを新調。Official U.S.ARMY Photographerの上等兵設定。
後で気づいたが、縛りのゆるいイベントなのでBWNのユーティリティ&黒ベレー姿でもOKなんだった。とは言っても、まともな長物を持っていないし周りの雰囲気を壊すつもりもないので、BWN設定でのゲーム参加は難しいか。

アオザイ姿の娘に騙されて、隠し持っていたハンドグレネードで爆死しました(爆)
その他、ベトコンに撃たれてメディックを求めつつ戦死する事数回、撃ち倒されたFNGを「頑張れ、こんなところで死ぬな、国へ帰るんだ」と後送すること1回、トヨムラ奥様に失言して蹴り殺される事2回。
いやあ、エナクトイベントって本当にいいものですね。

No Comments

クランプラー来たるる

IMGP01.jpgオーストラリアから国際小荷物来たるる。今回の中身はCrumplerのThe Moderate EmbarrassmentとThirsty。A4縦サイズのメッセンジャーバッグとベルトポーチなり。
日本国内でもクランプラーの正規輸入品を入手できるが、全モデルを扱っているわけではない上に取り寄せ販売のところが多い。そんなすっきりしない買い物をするくらいなら、オージーの製造元と本当に欲しい型の欲しい色を取り引きした方が気分が良いというもの。
ただし金額的には正規輸入品とあまり変わらない。万一のトラブルの際の手間を考えると、少なくとも日本国内でのクランプラーの正規ディーラーの販売価格は非常に良心的なものだと思う。

そのクランプラーの、おバカなタグ。ロボの全パーツが自社製品。
IMGP02.jpg
公式サイトのくだらない(誉め言葉)FLASHも含めて、こういうところが好きだ。

No Comments

神経痛

また気温が急降下したせいか、左膝裏から下にかけて神経痛。温泉行きてぇな。

生業としての旅行業から離れて、これでまた純粋に旅が楽しめるんだ!と喜んだのは一瞬の幻影だったのかと疑わしくなるほどに、全然どこにも行ってない。いや、日帰りで木更津とかなら行ったけど。
まあ今月から有給付くし、職場の雰囲気的にもバンバン休みを取れるからボチボチ考えるか。
とりあえず関電黒部ダム見学会の抽選に申し込んでみた。我ながらいきなりコアな旅行志向だ。
そういえば今月の20日でムネオ鉄道ことちほく線も廃止か。北見にいる友人は元気だろうか。新婚生活を満喫してやがるんだろうな。

神経痛のせいで思考がとりとめなし。

No Comments

T.タケシマいずこなりや

以前作った「TAKESHIMA」ネームテープを求めて家捜し。すっかりその存在を忘れていた。
昨日のファティーグに本名のテープで依頼してしまった後で気づいたのだ。不覚。
大体、未だに「・・・・・」(特に秘す)のネームテープを仕上げて送って来ないヤンキー業者がいかんのだ。あいつの手が遅いから、いつ来るか、来るのを待ってから縫い付け依頼に出そうか、それでは間に合わなくなるか、と煩悶して「TAKESHIMA」ネームテープのことを思い出せなかったのだ。責任転嫁ですか。そうですか。

あー、おかしいな。どこにしまい込んだやら。数枚あったはずなんだが。
昨秋に部屋の大整理をしたときにどこかに消えたのか。

No Comments

花祭り

IMGP0917.jpg
南蔵院の甘茶タイムは終了してました。

IMGP0913.jpg

No Comments

仕込み

いつものようにヘアサロンへ。髪が伸びるのが早いのでほぼ月イチ。
近ごろでは若向きのファッソン雑誌なんかは最初から持ってこず、Numberやグッズプレスを手渡してくれる。メンズノンノを渡されてもちーっとも参考にならない位の歳になった訳だ。
かといってグッズプレスが面白いかというと実はそれほどでもなく、どうやらオノレの実年齢と購読ターゲット層との間の乖離がこのジャンルでも進み出しているのではないかと考えてみたりする。かといって、「ちょいワルオヤジ」を目指すほど甲羅を経ている訳でもないしな。微妙なところだ。

アシスタントの女の子が着ていたジャングルファティーグ(ノースリーブ改造ベスト、肩位置に工兵大隊のローカルメイドサブデュードパッチつき)をもっとよく見たかったが、リップストップかノーリップかを鑑定するべく目を近づけると自動的に彼女の胸に接近して防空識別圏を侵す事になり、そうなるとROEによって張り飛ばされたあげく出入り禁止に至るであろうと思われたのでそのまま退店する。軍オタっぷりを晒すべき場所でもないし。

池袋、豊島区役所裏手の某店へ。雑居ビルの狭い階段を上る。この界隈に多い風俗店舗ではないので念のため。
月下旬の某イベントの準備としてパッチ数点を購入して、ファティーグに縫い付けを依頼する。ド新品のファティーグなのでエイジングの問題があるが、縫い付けがいつ上がるか不確実なのでとりあえず出すだけ出しておく。いつものタイガーとどちらにするかは当日までに決めればいいし、何なら両方持参でも構わないだろう。
設定的にはパリパリのド新品にオーデコロンの香りなんか漂わせて反感を喰う役、というのもアリか。

No Comments

仕事模様その後

結局、他の端末では再現しないので、ゲイツの呪いということにして一件落着。

  ◇

最近知った驚愕の事実。
田宮模型がイタレリ社の1/35キット、LCVPLCM3DUKWLVT-4を直販サイトで販売していた。
しかもLVT-4は戦後フランス軍用のデカールつきとな?まさかインドシナの第1外人騎兵連隊バージョンかッ!
アレか、もしかしてLCM3をベースにした河川海軍艦艇化改造キットとかも出ていたりするのか?!

  ◇

腕時計バンドが到着。 GraficのBrown。
チュードル・プリンスオイスターデイトのラグ幅は19ミリ。既製品のバンドは18ミリと20ミリが標準サイズらしく、19ミリのものは種類が限られているらしい。
初回特典でバネ棒外しがついてきており、それを使うと簡単にバンドを交換できた。
元々の黒色リザードから茶色のカーフに換わり、大分カジュアルな印象になる。元祖ロレックス・エクスプローラーの「冒険者向け」のイメージ、より正確には1960年代のヒマラヤやコンゴやベトナムに赴いた人も使った道具、というイメージに近づけただろうか。

No Comments

仕事模様

webアプリにエラー発生との報告。
原因不明。えーと、ちゃんとちゃんとテストしましたよ僕。
というか、前任者の組んだスクリプトの転用だから詳しくはなんとも。

よくよく聞くとOSがWINDOWS2000。
そんな化石を使っていた事にこちらが驚いたわい。セキュリティ対策は
大丈夫なのか。

他の端末なら問題なく動く。。
よって、これはOSとその設定に起因するエラーであろうと判断。
それなら俺の責任にあらず。現場のシス管にご相談ください。
しかし、この端末だけではなく普遍的に再現するエラーだとしたら・・・

吐き気がしてきたので、深く考えないことにして帰宅。

No Comments

「JFK―ケネディ暗殺犯を追え」

最近読んだ本。
JFK―ケネディ暗殺犯を追え
マリア様がみてる (くもりガラスの向こう側)

JFKは再読。以前は途中まで斜め読みしてほったらかしていたものを精読した。
筆者のジム・ギャリソンはニューオーリンズの地方検事で、JFKを射殺したオズワルドが一時期ニューオーリンズに居た事から職務上の義務としてオズワルドの調査に着手する。ところが、「イカれた狂信者オズワルドの単独犯行」として一件落着した筈の調査報告に次々と綻びが見つかる。
ギャリソンがその謎を辿っていくとCIAを始めとする諜報組織グループの陰謀に行き当たり、そして彼は有形無形の妨害工作に逢うのである。

他山の石と為すべし。

No Comments

3月分取り引き完了

昨日、海外小荷物が2点到着。L-2Bと、デブ毛唐もといピーターセン謹製の小物モロモロ。
L-2Bは、予想通り超絶似合わない。MA-1で判っていた事だが。やはり体格がネックか。

小物の方は、TF-117のベレーバッヂとエア・アメリカのパイロット記章、あとはCOMBAT PHOTOGRAPHER / CORRESPONDENTのスクロールタブやパッチ。
表側の見た目は良いのだが、裏をコーティングして固めてあるのがちょっと始末に困るところ。かなり出来のよいリプロではあるが、やはりベトナム製のリプロには見劣りがするのは致し方ないか。

何だかんだ言ってもカメラマンや報道員や画家用のパッチやBWN関連小物のリプロを恒常的に用意してくれているのはピーターセンの所だけなので、口ではデブ毛唐だの発送が遅いだのと言っていても内心では大いに感謝してるのですよ。

No Comments