Archive for 12月, 2005

フラッシュバック2005

部屋の大掃除も済ませ、いつになく静かな面持ちで大晦日の夜を迎える。
冬コミに行っている例年なら、昨日の今日でグッタリしているし買い込んだ同人誌は読みたいしでこうはいかない。
たいへん健やかな気分で産直赤穂の生牡蛎と台湾土産のカラスミを美味しくいただく。

年齢的には中年呼ばわりされる歳となり、思い切って転職に踏み切った節目の年であった。
それなりに躊躇もあったが、今や『転職して本当に良かった!』と断言できるほど心身の充実を感じている。精神科のドクターが「以前よりかなり表情が明るくなりましたよ!」と嬉しそうに言うのだから、他者から見ても正のオーラが出まくっているのだろう。

しかし、大問題は解決したものの、この期に及んで小問題が発生して俺様の心をかき乱すのであった。小問題を気にやむ余裕が出てきたとも言えるが。

紅白を観る。一青窈、いいなぁ。
薄紅色の可愛い君の、果てない夢がちゃんと終わりますように。

No Comments

C70オンライン申し込み

C70オンライン申し込みサポートページ(コミックマーケット準備会)

 このページから今後リンクが張られる指定アドレスにアクセス、その指示に従って入力作業を行うことによりWeb上だけで申込手続きが全て完了します。

とうとうWebサービスを開始か。サークル主ではない俺にはあまり関係のない事ではあるが。

  ◇

ロト6、命中。合計、約14,000エン。

昨日は会社の大掃除&納会。しかし、今日も出社。フロアの人員が1/3しかおらん。
名目上は30日まで勤務でも、実際にはほとんどが有給なり代休なりで休みを取るとは聞いていたが、ここまで多いとは。

納会ではノンベエであることを否定しつつエビスビールばかり選って飲む。正体バレバレ。
ニューフェイスで珍しいためかモテモテ。年の話になると皆さん必ず驚きますな。
入社して3ヶ月未満だと知るとまた驚かれる。少なくとも半年以上は居るかのような馴染みっぷりらしい。

今年は冬コミに行かれそうもないと判明した時点でコミケに関する情報は避けるようにしていて、コミケカタログはもとより各サークルの公式サイトや2chの関連板・スレッドも敬遠していた。そのせいか、やるべき事をやっていないという漠然とした不安感、まだ師走になっていないような錯覚、なにか手持ちぶさたな感じが続いていた。
帰宅時の電車はガラガラに空いていて、キャリーカートを引いた女性がぽつんと座っている。向こうの端の女性二人組は大きなボストンバッグを抱えている。
ああ、冬コミが終わったんだね。芸能か、創作系の人みたいだね。疲れてるみたいだね。頑張ったんだね。
今年ももう終わるんだな。うん。

No Comments

黒部の太陽

最近読んだ本。

「黒部の太陽」

裕次郎の同名映画のベースとなった、信濃毎日新聞社刊行の文庫本。新宿紀伊国屋の登山関連書コーナーにて発見。黒四ダム建造にまつわる記録小説。
来年は関電のダム見学会に参加したいなぁ。専用軌道の隧道で黒部の最深部に入れる、というのが実に魅力。

  ◇

ソウル大調査委「ES細胞論文はねつ造」黄教授辞意(読売新聞)

俺の世代には間に合わなくてもいいと思った。
これからの子供たちのために成果が出るといいなと思った。
未来の彼らにちょっと嫉妬して、でも彼らが俺みたいな思いを味あわなくて済むんだと想像すると嬉しかった。

夢だったのかよ。畜生。

No Comments

マックァーサー元帥曰く、

『青春とは人生の一時期ではない。それは心の状態だ。
長く生きただけで老いるものはいない。人は理想を放棄することによって老いるのだ。
信念を持てば若くなり、疑念を持てば老いる。
自信を持てば若くなり、恐怖心を持てば老いる。
希望を持てば若くなり、絶望を持てば老いる。』

俺もまだ青春の最中なのか?ダグ。

No Comments

げんしけん 7

最近読んだ漫画。

げんしけん 7

いつの間に恋愛漫画になりやがりましたか。

  ◇

帰宅途中に立ち寄り。時計修理業者にTUDORレンジャーのオーバーホールを依頼。アメリカから購入した方。
油切れ、一部パーツ錆取り、場合によって歯車交換ということで3~4マンくらいかかるとの事。

No Comments

中立国の戦い

最近読んだ本。光人社NF文庫編。
世界の仰天機
中立国の戦い
戦時商船隊
護衛空母入門

趣味的な方向でいうと「戦時商船隊」で書かれた帆走仮装巡洋艦ゼー・アドラーや帝国海軍特設軍艦の物語が大当たり。

「中立国の戦い」は地味だがかなりの良書。スイスやスウェーデン、スペインを中心に、wwIIで中立の立場を取った各国の状況と戦略、苦悩を概観。
うさんくさい市民団体や自称左派代議士は中立国中立国と簡単に言うが、
(1)世界に冠たる軍需産業を目指し大いに振興を図る
(2)時の大国間の狭間で巧みに踊る
(3)国民と国家指導者層が動揺せず安定している

以上の要素が無いと中立国として生き残ることはできないという事実を本当に理解しているのだろうか。
以前は知っている上での故意犯で吹いているんだろうと考えていたが、『航空母艦からB52』発言やイラク派兵に絡む『ウィリーピート(白燐弾)=化学兵器説』のたれ流しの様子からすると、実は本当に何も知らないのかもしれない。寒い話だ。

  ◇

大学漫研OB会の飲み会。あえてクリスマスパーティとは言わない。
生牡蛎を注文する。
「どうだ、食べんか?」
「いえ、遠慮します。先輩どうぞ」
「牡蛎は嫌いか?」
「生はどうも・・・」
「生はダメか。」
「ええ、生はダメですね」
「じゃ、ゴムつけようか」

・・・クリスマスイブだというのに何を言っているのか、俺は。

No Comments

人の死に行く道

ここしばらくの間、ハードボイルド祭り。
ロス・マクドナルドのリュウ・アーチャー物を中心に、マルタの鷹カート・キャノンを連覇。いずれも学生時代以来の再読だが、世の中のしくみというものを学んでしまった今に読むとつくづく沁むものがある。
『善悪がはっきりしているときは正義の方につく。それが判らないときは、負け犬の側につきたい』というリュウ・アーチャーの言葉を長らく忘れていた自分に気づいて軽くショックを受ける。それと共にハードボイルドな来し方というものを再発見し、堕落した自分を猛省する。

さて、本日買った本。
マリア様がみてる 未来の白地図

ハードボイルドな気分、台無し。

   ◇

他にめもり星人も購入。作者の海野蛍は18禁漫画家だが、この「めもり星人」は一般向けの本格SF漫画。解説を梶尾真治が書いているというあたりから本気度が判るであろうか。

   ◇

アメリカから郵便小荷物が到着した。
中身はWescoのJH CLASSICS。オーダーして約3ヶ月の納品で、ちょうど3ヶ月前の自分がサンタクロースになったような気分。
ラッキーにも関税ゼロで通関できたので、国内のショップ経由で買うよりも大分安い。インターネットの神に栄光あれ。

No Comments

オッドボール、聖者王の奇跡を携え故国に帰るの巻

LVは27-16-12、史学家。准六等勲爵士。

プレステ・ジョアンの王国探しもそこそこに、はるばるエチオピアから懐かしのブリテン島に帰ってきたオッドボール。
クリスマスイベントを楽しむつもりでいたはずが、何故かヤッファやアレクサンドリアあたりをウロウロしているのであった。
・・・イベントキャラとはいえ、しあわせそうにクリスマスを楽しんでいるやつらが憎いんじゃー!
この世界でもわしは独り者なんじゃー!

ジョヴァンナ「おや、オッドボールじゃないか。しばらくだねぇ。ここへ座りなよ」
オッドボールは泣いた

    ◇

転職先は年末30日まで勤務なのであった。
さようなら僕の冬コミ。皆さんよいお年を。

No Comments

予備帆:1,000ドゥカード

「一澤帆布」のれん分裂…株配分巡り3兄弟紛争(読売新聞)

 民間信用調査会社によると、一澤帆布工業は1905年創業で、資本金5000万円、従業員約70人。昨年の売り上げは約10億円。工具入れや牛乳の配達用の帆布袋のほか、登山用テントなども製造。現在はシンプルなデザインと丈夫さなどで若者らの支持を集め、京都ブランドを代表する品の一つになっている。

一澤帆布は頑丈な帆布で長年変わらぬデザインのバッグを作りつづけてきた。
質実剛健というほど武ばってもおらず、素朴実直というほど泥臭くもないのがイチザワハンプの魅力だと思う。
個人的には、プラダやエルメスよりも一澤帆布のバッグが似合う女性の方が遥かに好ましく感じられる。
そんな一澤帆布だが、今回の内紛では職人さんたちはゴッソリ抜けて三男側についたらしい。長男四男側は「本家」の看板とネームバリューだけしか残らない形になった訳だが、もし仮に中国やベトナム製の大量生産品に一澤のラベルをつけて売り出したとしても、それはもう全然違う物でしかないだろう。

ところで、犬印鞄製作所という帆布製バッグメーカーをご存じだろうか。
「犬印」というあたりから一澤帆布人気に乗ったフォロワーであるかのような匂いを感じるかもしれないが、実は創業昭和28年、浅草は伝法院通り近くに店を構える老舗なんである。フォロワーどころではない。
今日は通勤用のバッグを買うべく赴いたのだが、狙っていたブツは完売で在庫なしだった。もともと第一候補としていた黒色は受注販売ベースなので想定の範囲内だったのだが、基本色のブラウンまでも無いとは。でもまあ、見本展示品で黒色のモノを確認できたから良いとしよう。
とりあえず十徳犬袋だけ買って帰る。
2ウェイブリーフケースの黒を注文して納品までは約一ヶ月間。
それまでの間は、今まで通りのグレゴリーのトートにこの十徳犬袋を放り込んで使おう。

※タイトルは「大航海時代Online」でのアイテム価格。

No Comments

がんばれはやぶさたん

「はやぶさ」探査機の状況について(JAXA)

緊急の姿勢制御法として、イオンエンジン運転用のキセノンガスの噴射による姿勢制御法の採用を決め、ただちに運用ソフトウェアの作成を開始しました。12 月4日には、このソフトウェアが完成し、実際にキセノンガスの噴射によるスピン速度の変更が試みられ、同機能の動作を確認しました。その後、ただちにこれを用いた姿勢変更を指令し実施しました。

イオンエンジン用の生ガスを吹いて姿勢制御とは、なんという技術者の執念・・・。技術大国日本はまだ安心だ。
最終的に宇宙の塵と消えても「はやぶさ」は本望だろうて。
 
 
 
 
 
突然だが【読んだらやらなくちゃならないバトン】だ。
たける(のすけ)さんとトヨ大兄のところで読んでしまったのだ。
皆で一緒に不幸になれ。

(1)今やりたい事
☆俺の、路上で光る動く標的ってやつを見つける。

(2)今欲しい物
☆都内の書庫つき一戸建て住宅
☆TF-117の記章つきでサイズの合う実物ベレー
☆今風のスーツ
☆通勤用革カバン
☆ニコンF2用デジタルパック
☆セイコー鉄道時計 国鉄青函局放出品
☆次元大介風のヒゲ

(3)現実的に考えて今買っても良い物
☆手袋
☆今風のスーツ

(4)現実的に考えて欲しいし買えるけど買って無い物
☆セイコー鉄道時計

(5)今欲しい物で高くて買えそうに無い物
☆フォードマスタング 北米現行型

(6)タダで手に入れたい物
☆セリオさんとの幸せな新婚生活の夢、総天然色スペクタル8時間の超大作

(7)恋人から貰いたい物
☆スパークする触媒 あるいはダイナモのセルスターター

(8)恋人から貰って困る物
☆微妙に好みに合わない衣類や小物

(9)恋人にあげるとしたら
☆まず恋人になれ。話はそれからだ。

No Comments