Archive for 7月, 2005

漫画バトン

え、次、俺ッスか。
梅さんから漫画バトンが廻ってきたので、ゆるゆると書きます。

①:所有している漫画の冊数
450冊位かなぁ。

②:今読んでいる漫画
 「B型H系」(さんりようこ/集英社)
あとは「げんしけん」。「ギャラリーフェイク」は完結したし。

③:最後に買った漫画
 「ホームメイド」(谷川史子/集英社)

④:思い入れのある漫画を5つ

「きみのことすきなんだ」(谷川 史子/集英社)
  リボンマスコットコミック。少女漫画の王道。繊細で透明感のある絵柄と泣ける話運び。ギャルゲー始める前からこういうのに弱かったのか、俺。

「野望の王国」(雁屋哲・由起 賢二/日本文芸社)
  あの「サルまん」の元ネタとして有名な作品。
  破天荒なネームとキレた絵が核融合した怪作。「見るな・・・私を見るなっ!」「電気紙芝居屋ふぜいが!」「ここにもいた・・・野望に燃える男が・・・」等、迷セリフ満載。

「放課後」(秋葉凪樹/コアマガジン)
  成人指定漫画。

「パイナップルARMY」(浦沢直樹・工藤かずや/小学館)
  硬派戦闘漫画の、松本零士以来の傑作。「泣く男」や「奇跡の神父」の回が白眉。

世界の国ぐにびっくり旅行」(内山安二/学習研究社)
  学研の学習漫画「ひみつシリーズ」の1冊。今の俺の原点かも。

⑤:次にバトンを渡す1~5人

Hana-Gさん
摩訶さん
おばかぼんさん
ずんさん
せきざきさん

よろしくお願いします。ここチェックしてるかどうか怪しい人もいますが。

No Comments

ラングラー

ラングラー MW936-RIGID INDIGO $19.99
Olive Grn RIATA SLACKS W/TEFLON $29.99

SHEPLERS Shipping $20

No Comments

江東区、震度5強

午後、震度5の地震。たまたま地下室の風呂場にいた。
地上の建物の中とは違う、独特の揺れを味わう。
丸裸のまま被災するのは嫌だ。
自室に戻ると、平積みしていた書籍が大崩落のプチ惨状。
TVの速報では、首都圏のJR・営団地下鉄は軒並み運行見合わせの模様。
19時から巣鴨で宴会様なんだが。まあその頃には復旧しているであろう。

甘かった。
バスで中野に行き、所用を済ませても、復旧どころかいよいよ混乱しつつある。
中央快速総武鈍行東西線、全て停止していて人が溢れている。
このタイミングで運転再開になっても乗車率何百%かの列車に乗り込むのはたまらんし、時間が読めない。
そう判断して、駅前ロータリーから新宿行き京王バスに乗る。新宿から都営地下鉄経由で巣鴨まで。2000時過ぎには宴会会場に到着した。

こんな時だというのに意外なほどの集まりようで、ただし3主賓のうち2名はまだ到着していない。
仕方ないから始めちゃいましょうと、酒と料理がなんとなく解禁になる。
そうなるともう、いつもの宴会になり、残る主賓が揃っても変わるところはなく、一寸違うのは主賓がサインを書いたりたりしている位であるか。

困ったのは、ニコンF2用のフラッシュカプラーを持参し忘れたこと。
中野で買ったばかりのフラッシュが着かん。露出も計れん。フィルム感度はISO400だ。好材料はレンズがF1.4と明るいことのみ。
絞り11・シャッター1/30という手ブレ上等セッティングで撮る。どうせ全滅だろうと覚悟していたが、本当に3、4カットしかまともに撮れていなかった。
その他、いろいろと反省する事のある一日だった。

No Comments

ウェスト・モアランド

ウェストモーランド、死去。91歳。
在ベトナム米軍司令官・・・というよりMACVのFour Starsと言った方がピンとくるが、要はベトナム戦争の米軍の頂点に立つ将軍だった人である。
ベトナム戦争の当事者もぼつぼつ鬼籍に入りだしたようだが、今のうちに証言をアーカイブしないと後々後悔するのではないか。

No Comments

開高健記念館

思い立って茅ヶ崎へ。湘南新宿ラインで約一時間。
かねてよりの念願の「開高健記念館」を訪問するのだ。
ちょうどベトナム戦争の企画展をやっているとの事。これだけは見逃せまい。いい機会だから、アホカリ前の今こそ行くべし。

茅ヶ崎駅から海岸の方へテロテロと歩く。
年期の入った洋館が並ぶ住宅街を、自転車にボードキャリアをつけたサーファーが次々走りぬける。ジーンズにブーツ姿の俺は場違いなヨソモノですか。そうですか。

道に迷う。
位置をロストしてしまったので駐在所に行って・・・と、その途中で良さそうな手打蕎麦屋に行き当たった。昼時なので入ってみた。
当たり。蕎麦9つなぎ1の生粉手打に江戸風の辛いツユ。こんな場所でなければひいきにするのだが。ただし、お値段はそれなりにする。

「名静庵 八十八」を出る。曲がるべき角のはるか手前で曲がってしまった事に気づき、改めて記念館に向かう。もう駐在所に用はない。
テロテロと歩く。暑い。でも一歩一歩、記念館に近づいている。
この通りだ。右側。
緊張。
ちょっと開けた空き地があり、交通整理のオジサンが立っている。
ここか。
視線を上に。
奥、やや高台に、開高健記念館、いや、開高先生のかつての自宅が建っている。
震えた。
いろいろな名所旧跡、資料館の類に行ったが、この茅ヶ崎の洋館ほど厳粛な気持ちで訪れた事はなかった。個人崇拝という訳ではないのだが。

さて、企画展である。
従軍当時のサムソナイトや日章旗やZippoなどが並んでおり、従軍カメラマン役でアホカリに参加している身として大変勉強になる。が、M1ヘルメットの脇に並んでいる水筒が気になった。カバーがナイロン製の俗に「M1967装備」と呼ばれるタイプなのである。
ナイロン装備は1970年代に入ってからの普及だったから、「1/17」と記されているメット(1965年に一個大隊の全滅から生き延びた際の記念品)とは時代が合わない。
こんなところで重箱の隅かよとマニア根性を反省しつつ、係員さんに「こちらの展示品は開高先生の使っていたものですか?」と尋ねてみた。
その通りだった。
開高先生はベトナム戦争を3度取材していたんである。最後の渡越は1973年なので、「M1967装備」のキャンティーンセットを持ち帰っていてもおかしくはない訳だ。納得!

No Comments

インディアン魂

最近読んだ本。
インディアン魂―レイム・ディアー〈上〉
インディアン魂―レイム・ディアー〈下〉
スー族のメディスンマン、レィム・ディアー翁の口述自伝。単なる自伝ではなく、インディアンの生活・風俗、宗教やスピリッツについてが豊富に語られている。シッティング・ブルの生まれ変わりを自認するだけあって見識が実に広い。

    ◇

渋谷ファントムでアルタマ製ジャングルブーツを買う。16,800円。パナマトレッドなのが惜しいが、まあ贅沢は言わないでおこう。小石の多い本巣ではビブラムソールに小石噛みまくりなのはよく承知しているし。
昨年まで使っていたジャングルブーツはMade in Koriaの安物でそれなりに使えはしたが、やはり安物は安物なりの出来であったので買い替えた次第。ソールもソフトで履き心地がいい。やはり靴だけは良いものを買わねばならぬ。

その足で池袋のサムズに赴き、アホカリの申込書を提出。クマさんとちょっと立ち話をして帰った。

No Comments

シベリア鉄道9400キロ

今日読んだ本。
シベリア鉄道9400キロ

宮脇俊三著。再読。現実逃避。
1982年4月、アンドロポフ時代のソ連シベリア鉄道乗車記。寡作だけど外れがない作家だったなと、つくづく惜しむ。

No Comments

「いい人」が損をしない人生術

今日読んだ本。
「いい人」が損をしない人生術
名だたるヒコーキマニアでもある斎藤 茂太先生の著作。
どのくらいのマニアかというと、就寝前の寝床で飛行機の写真の2、3枚を眺めているとその日のイヤーなこともすっきり忘れてしまうというお人らしい。
自分で言うとPBRやSweftの写真にあたるのであろうが、そこまでの境地には未だ達していない。
普段は新書判のビジネス書の類は頭から屑本扱いして手に取りもしないのだが、ココロの平穏を導いてくれそうな本ならたまには読まんでもないのである。スマイルスマイル。

    ◇

HDD外付けケース化キットを組む。
最初にケースを開く際にコツがいるが、南無三宝と思い切って取り組むとあっさり開いた。
元々スレーブ側に付けていたHDDなのでジャンパピンの差し替えがいるのではないかと悩むが、これまた南無三宝とそのまま組み付け。USBポートに刺すとすぐさまドライブとして認識された。
所要30分。
あまりにも簡単に事が運んだのでやや呆然とする。10年前には、HDDを組みつけるとなったら、なんのかんのと1日仕事だったというのに。

No Comments

日本の歴史をよみなおす

今日読んだ本。
日本の歴史をよみなおす (全)
いわゆる「網野史学」のロングセラーの文庫化。正続2巻を一冊にまとめてある。このあたり筑摩書房は良心的で、他社なら分冊にして刊行するのではないだろうか。

日本列島の歴史的変革期である中世を中心に、教科書的な「日本史」理解に対するコペルニクス的転換を迫る良書。
さまざまなアプローチでの「歴史の読み直し」を提示しているが、白眉は「百姓=農民」という先入観の打破と、いわゆる「水呑百姓」の実態を追求するくだりだろうか。
「農地を持たない=貧しい小作農、ではない。海運や林業・商業を本業とする富豪も、農本主義の区分の上では石高ゼロの水呑に分類された」という指摘には、まさしく眼からウロコが落ちる思いがした。

    ◇

新宿でシュガーケーンの和柄コットンシャツを買う。7,900円。
ボーナスも出たし、Sun Surfのアロハを買おうかとも思ったが、歓喜天がギシギシアンアンしてる曼荼羅のアロハシャツなんか着るのは相当の覚悟がいるわな。価格も価格だが。

No Comments

LET IT BE

最近読んだ漫画。LET IT BE 1 (1)
作者はこいずみまりセンセ。サンデーGXコミックス。全三巻を再読。
エロ妄想炸裂の高校生男女のラブコメ。でも乳首なし。
マッド・サイエンティストや悪魔(のようなもの)が登場するまりセンセワールド。ファンなら黙っていても読むだろうが、そうでない人にはお薦めというほどでもない。

    ◇

昨日、HDD外付化キットが届く。まだ開封もしていないが。
PCは快調。ハングまったくなし。CPUクーラーを変えるだけでこんなに良くなるとは。

ロンドンで同時多発テロ。007の出番か!?

No Comments