Archive for 5月, 2004

レディ、GO!

今日読んだ本。

マリア様がみてる レディ、GO!(今野緒雪、コバルト文庫 460円)

「パラソルをさして」を欠品にしていた例のけしからぬ書店で最新刊までの残り3巻を買おうとしたら、今度は真ん中が完売。おのれ。
それはそれとして、続巻以降の展開は祐巳のスールの座を巡る攻防がメインとなるのであろうか。

   ◇

バグダッドで米軍憲兵のおねいちゃんが捕虜相手のSMプレイをやっていたり菅直人が年金未納で党首を辞任したりチェチェン大統領が爆死したり(爆)のたいへんな世の中だが、ネット的にはWinnyの作者47氏逮捕というのが一番の衝撃であろうか。逮捕したのが「あの」京都府警だったので笑劇と化しているが。
おそらく「47氏の開発意図には積極的な犯意があるやなしや」が訴訟上のポイントとなるであろうが、ひろゆきによると当時の2chではログを取っていないのである。つまり、ある2ch上の過去の書き込みが47氏による発言である、と証明するのは難しい訳だ。取調室で47氏が何を喋ったとしても、当時の犯意を立証する物的電子的証拠がなくてはどうにもなるまい。

まあ、自分はP2Pのファイル交換はやっていないのであるが。

No Comments

レイニーブルー

最近読んだ本。

マリア様がみてる レイニーブルー(今野緒雪、コバルト文庫 460円)
マリア様がみてる パラソルをさして(今野緒雪、コバルト文庫 460円)
マリア様がみてる 子羊たちの休暇(今野緒雪、コバルト文庫 460円)
マリア様がみてる 真夏の一ページ(今野緒雪、コバルト文庫 460円)
マリア様がみてる 涼風さつさつ(今野緒雪、コバルト文庫 500円)

シリーズ物はいちいち列記する必要もないような気がするが、まあいいや。

しばらく間が開いたがマリ見てを再開しようかと、行きつけの微妙にオタク系な品揃えの書店でまとめ買いしようとしたら、どういうわけか「パラソルをさして」だけが完売していた。他は数冊ずつ置いてあるのに。
基本的に時系列順に物語が進行する成長譚であるので中を飛ばすのは避けたい。
パラソル抜きでまとめ買いすると確実に飛ばしてしまうだろうと思われたので、とりあえずレイニーブルーだけを買う。

帰宅して早速読み出す。



しまった。
既刊中最大に強烈な「引き」で終わっとる。
トヨムラ大兄がマリ見てをまとめ買いしたところ、ある巻が「引き」で終わり続きが物凄く気になったが続巻が部屋のどこかにまぎれてしまい、いても立ってもいられなくなって書店に駆け込んで重複買いした・・・という話を思い出す。どの巻の事だったのか書名を忘れていたが、さては、このレイニーブルーのことだったのかぁっ!不覚!

もう既にどこかに駆け込める時刻ではない。致し方なし。今夜は寝るしかない。
『士道不覚悟につき、切腹』。浅葱色のぶっさき羽織をリリアン女学院の制服の上に羽織った祥子さまが冷ややかに言い放った、ような夢を見た。

   ◇

今日は運転免許の更新で府中へ。優良区分の威風堂々たるペーパードライバーなので、所要約2時間で新免許をゲット。「軍服馬鹿免許」にするべくユーティリティに衿階級章をつけて乗り込んだのだが、写真では喫水線より下になってしまった。残念。
帰路、中野に立ち寄る。
魔窟ブロードウェイの最近の流行はレンタルショーケースらしい。えらく増殖している。大抵はプライズフィギュアやトレカだが、中にはアンティークウォッチやカメラ、ジッポーなども置いてあるスペースもあり、ついつい丹念にのぞき回ってしまう。なるほど、レンタルショーケースが流行る訳だ。多分、このブロードウェイセンタービル以外では成り立たないビジネスモデルだろうが、こういうアングラっぽさがいい。

そんな中から昭和30年代のアルミ製フィルムパトローネケースをまとめ買い。
今の銀塩フィルムのパトローネは塩ビのケースに収まっているが、この塩ビ製ケースはいつごろから使われだしたのかがずっと引っかかっていた。瑣末なことのようだが、ミリタリーリエナクトに参加するためには小道具についてもリサーチせねばならんのである。義務ではないが。
塩ビケースの登場時期については未だ確証がないが、少なくとも1950年代~60年代前半にはアルミ製ケースというものも使われていたらしい。

No Comments